FC2ブログ

ダイビングログ

フォトコン
26日の夜、お店の敷地内にある

Sunset Barにて前日まで潜られていたグループの方と

フォトコン&タコスパーティーが開催されました


みなさん、バズーカのような(と言えば想像つくでしょうか)カメラ、ズワイガニのようなカメラとカメラ派ダイバーさんのグループでした

それぞれが撮った写真やビデオを音楽に合わせてスクリーンに写し

写真の部、ビデオの部の優秀作品を選びました

アメリカンジョーク満載のとっても面白い映像も!!


ダイビングスタッフも参加して

サルベッサも進む進む(笑)

楽しいパーティーでした

写真はフォトコン開催を待っているゲストさん、総勢32名のグループでした





フォトコン

スポンサーサイト



8月25日

3日間、アメリカから来られた、グループ(1クラス分?!)のみなさんとダイビングでした。

南西からの風とその波、北東からはうねりが入りロスイスロテスのアーチはうねうねです。

3日前にと~っても流れていた西側に潜る事にしました。心配していた流れもほとんどなく、透明度もちょっとUP。

アシカの子供は私達の周りを泳ぐのみで、じゃれては来ませんでした。
アシカがたわむれてる砂地には今日はオスアシカが岩を枕にして寝てます。いくら大きなオスアシカでも、「可愛い~!!」です。岩を枕にしちゃってるのがまたお茶目ですね。たまに目を開けて、私達を見てはまた目をつぶって、長い事寝てました。「アシカって水中でも寝るんだ~」なんて関心しちゃいました。
エキジット近くになって、だんだん流れてきました。これからだったらきっと潜るのを辞めたかも・・・、早めに潜って良かった~。

2本目は、と~ってものんびり出来るところ、のリクエストでエルコラリトへ。
透明度も良いです、アメリカンのダイバーのウケはどうかなぁと心配していた、デカジョーをと~っても気に入ってくれたようです。エアーが早いグループでいつも早めに上がっていたのですが、今回は1時間たっぷりみんなで潜れました。



8月19日

朝から風が強くって、お店の前の海を見るだけで荒れてます。

今日はリフレッシュコースを受けるお客様と

ライトハウス(サンラファリト)へ行って来ました

ポイントには外に出れないため、ラパスのダイブショップ集合!!といった賑わいです。

一通りのスキルを終わるころ、砂地をメキシカンバラクーダの群れが通りました。
けっこうな大きさの群れで、私達ダイバーの周りにトルネードを作ってくれました。
何回でも気持ちいいですね、トルネードの中に入るのって。



8月15日

ガイド:トモコ
キャプテン:カルロス

ポイント:ラ・レイナ、スワニーリーフ

1本目のラ・レイナ
ポイントにつく前からちょっと嫌な感じ
水がキレイにならない・・・緑がかってます・・・
エントリーして、「なんじゃこりゃ!!」と言いたくなるような茶色い(ホントにまっ茶色なんです)水の固まりがキレツをおおってます。この水には近づけません。逃げるように反対側へ泳ぐと、今度は流れに乗って黄色い水が・・・。はさみ打ちにあったかのようです、そんな中沖に黒い影がうっすら見えます。なんだろう、と思って近づくと「アジ玉」です。かなり大きな塊で、あたりが暗くなります。沖へ行き、また浅場へ戻って来てを繰り返してました。

スワニーは向かう途中、水面が鏡のようになってます。
こんな水面を見ると、ワクワクしてしまいます。
必ずではないのですが、水面が穏やかなぶん水中が賑やかなだった時が多かったからなのかもしれません。

2本目のスワニーリーフ
昨日よりは流れもゆっくり、魚は昨日より固まってました。
メキシカンバラクーダも固まってました。
8月14日

こんなブログを見て下さっている方、お久しぶりです。

更新と~っても遅くなりました。

記憶をたどって・・・

8月14日のダイビング

ガイド:トモコ
キャプテン:ダニー
ポイント:エルバホ・プンタロボ・スワニーリーフ

1本目エルバホに向かう途中「ナガスクジラ」と遭遇

今回は近くで見れました、呼吸をするときに見える背中だけでもボートより大きいのがわかります。
全体はどれほど大きいのでしょう、想像がつきません。

エルバホの水深10mまでは透明度が良くって、中層はまた悪く濁って、水深25mからまた抜けています。
少し流れていたので魚も固まっています。
ドリフトしなかったので、アンカーつたいに浮上中、スキップジャックの群れ。プリプリに太っていてお刺身に丁度良いサイズ!!なんて思って見ていたのは私だけでしょうか?!

2本目へ移動中、今度は「コビレゴンドウ」の親子の群れ

小さな、と言っても人間の大人より大きい子供連れ。ボートのすぐ近くをゆっくりゆっくり泳いでくれました。

ラパスの哺乳類の豊富さ、改めて感動します。

2本目はプンタロボへ
透明度も以前より上がっています。ここはチビマンタ(通称:モブラ)が見れるポイントと言われていますが、確率は低いです(私だけ?!)
この日は、水面近くに2枚だけ見れました。

3本目はスワニーリーフへ
相変わらず流れてるけれど、ゆっくりのんびり潜りました。



8月8日
8月8日

ガイド:トモコ
キャプテン:ダニー

ポイント:エルバホ、スワニーリーフ

エルバホに向かう途中、エスピリトスサント島東側でコビレゴンドウの群れを発見

しばらく写真を撮ったりしました、そんな中と~っても遠くに大きな黒い二等辺三角形が一瞬見えました。
「何だ?!」と思ったものの、まさか~とそのままエルバホに向かいました。
エルバホは、アンカーの付け根にサメ!!・・・の死体がありました。
すでにお腹は食べられているのですが、ハンマーではありません。私と同じくらいの大きさでした。透明度は5m以深は黄色い水です、透明度5m弱でしょう。逆に5mまではすこ~んと抜けてます。
魚はたくさん群れているのですが、この透明度では・・・。

スワニーでは、流れもそれほど強くなくゆっくりのんびり潜りました。


仕事が終わり、他のダイビングショップさんのボートが集まる港でクワテを待っていると、
他のショップのキャプテンが
「今日ね、ロスイスロテスの近くにコビレゴンドウの群れがでて、1頭だけオルカが混ざってたんだよぉ~」って
・・・・・・
まさか~では無かったのです
居たんですね・・・
またしても見逃しました
そして、ラ・レイナ北側にオルカの群れが出たそうです。
昨日行ったポイントです・・・。

しかし!!ここ連日どこかしらでオルカの目撃があります。
移動中は気を抜けませんね!!

8月7日

8月7日のダイビング

ガイド:トモコ
キャプテン:ネルソン

風のせいで波が立ってはいましたがラ・レイナへ

水深10mまでは透明度も良くって気持ち良いです
水温もなんと28℃、ロクハン、フードベストのフル装備の私には熱いくらいの水温でした。
流れもほとんど無く、魚がぐっちゃり固まっています。
ウツボを撮りたいお客さん、カメラと魚の間たった50cmにもほかの魚の群れが入ってきて、写真が取れないんです・・・。
贅沢な悩みでしょうか。

魚もたくさん、透明度もまぁまぁ、水温も高い!
良かった~のですが・・・

お店に戻ると、プンタロボ近くでオルカ5頭がでたそうです・・・。
ラ・レイナからは逆の方向です・・・。
ラパスに居ても大物運が無いガイドの私です。
こんな私でも一緒に潜ってくれますか?!


8月5日

やっとお店でネットが繋がるようになりましたので更新を。

いつの間にか8月に入ってしまいましたね、日本も本格的な夏の日が続いているのでしょうか。

8月5日

ガイド:トモコ
キャプテン:ネルソン

ポイント:ロスイスロテス、ホエールアイランド、エルコラリート

1本目、透明度が少し上がっていて10m前後
アシカの子供がブイ近くに遊びに来てくれました
EX近くくになってどんどん流れが出てきましたので2本目に考えていたエルバヒトを辞めてホエールアイランドへ

ここは小さなキレツがあってその周りにソフトコーラルが生えているところ、いつもはほとんど流れも無く、ゆっくりのんびりダイビングなのですが・・・流れてました・・・。

確実に流れの無いところ、ということで3本目はエルコラリートへ
デカジョーことファインスポテッドジョーフィッシュが居るところです。 この前潜った時は見えなかった卵を口にくわえてました。ジョーフィッシュってず~っと卵を抱えてるのでなく、餌を取る時には巣に卵を置いてご飯を食べるんですね。で、食べ終わると慌ててまた口の中にくわえて。なんだか表情があるように見えて笑ってしまいました。


水温:21~24℃(ポイントにより)
透明度:10m前後


出たっ!!

最近また更新していなくってすみません・・・。

今日(8月2日)の事です。

ダニー、アレックスがダイビングへ

ロスイスロテス~エルバヒト近くでオルカ(シャチ)を見たそうです

オスとメス何頭かと子供2頭、赤ちゃん1頭の群れです

メスと子供はボートの近くを泳いでくれて、ボートの下も泳いでくれたようです。


私も見たかった~!!!

Designed by aykm.