FC2ブログ

ダイビングログ

ジンベイ

最近のラパスは透明度も良く、水温も急上昇、27度以上はあります。
そして気温もますます上昇中
毎日とっても暑い日が続いています

昨日(28日)ダイビングに行った、マルコス&クリーチームは
お客様のリクエストでジンベイ探しへ

みごとジンベイをゲットしてきました!!

嬉しいニュースです!!






スポンサーサイト



マイルカ
マイルカ
Common Dolphin マイルカ です。

ラパスで良く見られるイルカの一種です。

マイルカについて

群れの規模:10~500頭
成獣の体重:70~100kg
成獣の体長:1.7~2.4m

行動:大きく活動的な群れが良く見られる。遊泳速度が速く、船首波乗りやブリーチングを頻繁に行う。

分布:広く分布しているが多くの異なった系統群が存在する。

地域的変異:マイルカの分類は多くの変異があるため複雑なものになっている。
長いくちばしを持つ系統と短いくちばしを持つ系統があることが明らかになった。
この写真はくちばしが長い系統ですね。

クジラとイルカの図鑑より


ラパスはポイントへの移動中にたくさんの生き物に遭遇する確率がとても高い海です。
ポイントまで遠い時にもぜひ周りを気にして移動を楽しんで頂けたらと思います。



写真は市場浩幸様より頂きました。
素敵な写真をありがとうございます!!


7月19日

ポイント:ロスイスロテス、エルコラリト

ガイド:マルコス、トモコ

キャプテン:ネルソン

透明度:15m前後

水温:27~28℃!!!


今日は朝から幸先が良かったです。

お店を出てすぐにバショウカジキの連続ジャンプが私達のテンションを上げてくれました。

そして、移動中にはShort-finned Pilot Whale(コビレゴンドウ)の群れに遭遇
子供も居る群れです
エンジンを止めたボートにとっても接近してきて、間近で見れました!!

ロスイスロテスでダイビング
透明度UP,水温はとっても、とってもUPしていました

と、潜る寸前にオルカが居るのを発見
見に行きたい気持ちを抑えて、まずはダイビングを


みんな上がってきて、さぁオルカを見に行くぞぉ!!
ロスイスロテスからはもう離れていましたが
探します、一番必死になっていたのはきっと私です(笑)
噴気が見えますっ!!
大きな大きな二等辺三角形の背びれを持ったオス
メスに子供も居る群れです

その後、もう一つの群れにも遭遇しました


今日、ロスイスロテス近辺に来たボートのほとんどがこのオルカに会えたと思います

コルテスクラブのボートも全てオルカに会いました
中でもカルロスボートは1時間近くオルカと遊べたようです
手の届くほどの所までオルカが近づいて来たそうです


お店に戻ったクルー、お客様 と~っても良い顔してました
そして、サンセットバーでは今日も祝いの乾杯(笑)が行われてました




デカジョー
デカジョー

ラパスの人気アイドル?! デカジョーこと、Finespotted Jawfishです。
アゴが外れそうなくらいに、口の中に卵をくわえてます。

写真は 龍口浩司様より頂きました。
ありがとうございます!!!

数日後に潜った時には卵がもう灰色になって、目があるのも見えました。
さらにその数日後には卵をくわえてるのが見えなかったので、無事に孵化したのかもしれません。

7月19日

ポイント:エルバホ・エルバホ

ガイド:マルコス

キャプテン:クリー


マルコスから様子を聞き、日記に書きます。
今日のエルバホ、流れてました。
根のトップまでは透明度が良く、水温も高い。
ハンマーは5匹ゲット、そしてジャイアントパシフィックマンタが出たそうです!!

ダイビングから戻ったお客様はサンセットバーでお祝いの乾杯をしてました
良いダイビングの後はビールも一層美味しくなりますね!!

そして、スノーケルチームのキャプテンだったカルロスはロスイスロテスへ
こちらではモブラの群れ(小さかったですが)と、ジンベイが出たそうです!!

ここ最近のラパス、高確率で色々なものが見れてます!!

ダイビング中も、ボートでの移動中も気を抜けません!!


7月16日

ポイント:ロスイスロテス・エルコラリト

ガイド:トモコ

キャプテン:カルロス

水温:25~27℃!!!

透明度:10~20m!!!


1本目はロスイスロテスへ
アーチの中でお母さんアシカ、子供、去年産まれた子供の3頭が遊んでいます
私達に興味を持って何度も息継ぎのたびに戻って来ます
その中でも、お母さんアシカ
手の届くか届かないか、の距離を保ちながら目の前に来ます
目はとろ~んと半開き状態でとっても優しい目でした
すっかりアシカに癒された1本でした
しかも水温、25℃!!!

2本目に移動する前に、カルロスが「イルカを見に行くよ~」とボートを走らせます
Bottlenose Dolphin(ハンドウイルカ)の巨大な群れです
カルロス曰く、1000頭くらいは居るのでは?!という数
ボートの舳先でボートより高くジャンプして大きな水しぶきを私達にかけて遊んだり
スピンジャンプを披露してくれたり
見渡す限りイルカに囲まれました

2本目はデカジョーの居るエルコラリト
今回口の中の卵を確認出来ませんでした
そして、透明度が抜群でした、25mは見える!!
水温も高い!!
砂地には、水面からの光の線が写ってとっても眩しいくらい
オヤビッチャそっくりさんのPanamic Sergeant Majorがたくさん群れてて
ここは沖縄~、と錯覚してしまいそうでした
もうこの中に漂ってるだけでも幸せ~と思ってしまうくらいキレイでした

2本目の後の移動中、今度はCommon Dolphin(マイルカ)の群れです
捕食中で、水面をバシャバシャさせながら夢中で泳いでます
数は約300頭くらいではないかと思われます

と、これだけでは終わらず

Fin Whale(ナガスクジラ)の親子が見れました
●ナガスクジラ:シロナガスクジラに次いで地上で2番目に大きな動物
 成獣 長さ18~22m 体重30~80t  個体数 約12,000頭

哺乳類の多さに感動です



追記:7月17日、スノーケリングに出ていたキャプテンのクリーが、サンラファリト(ラパスに近いポイント)の近くで、モブラの群れを発見して、スノーケリングで見れたそうです。




報告者:トモコ




7月11日

ポイント:ラレイナ・スワニーリーフ

ガイド:トモコ

キャプテン:クリー

水温:28~23℃(ポイントにより)

透明度:15~10m(ポイントにより)


少しうねりはあったのですが、ラレイナへ
前日釣りのキャプテンをしたカルロスが大きなマンタを見たと言っていたので期待もして

透明度は少し落ちましたが、魚の群れは健在です
メアジの群れも小さいながら出来ていました
これからどんどん大きくなるのが待ち遠しいです
今はグリーンジャックの方が、雲のように群れてます

私のコンピューターが狂ってるのか・・・水温28℃となっていました
確かに暖かいのですが・・・体感水温は25℃くらいかなぁ・・・


移動中には今度はハンドウイルカのとっても大きな群れに会いました

スワニーは相変わらずの魚の群れ、群れ、群れ

今日の2本とも「群れ」のポイントになりました



水温が少し上がったのですが、まだ22℃前後のポイントが多いです
ウエットスーツは厚手のものをご用意下さい


7月7日~9日

またまた、いつもの事ながら更新が遅れました・・・トモコです。

日本はまだ梅雨だけれど、あまり雨が降らず暑い日が続いていると聞きましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか??


7月7日

ポイント:ロスイスロテス・ロスイスロテス・スワニーリーフ

ガイド:トモコ

キャプテン:クリー

ロスイスロテスでは、今年産まれた赤ちゃんが少しずつ水に入っているのを見かけます
まだ本当に浅い、水溜りのような所で、赤ちゃん同士で遊んでいたり、
こうやって少しずつ水に慣れていくのでしょうね
岩の上ではまだよちよちしていて、たまにコテっとつまづいてしまったり
と微笑ましくなる光景が見れます、本当に可愛いです
日に日に成長していくのが分かります

水中では、去年産まれたで子供が何度も私達の所に遊びに来て
ヒトデをくわえて、私達に見せるかの様に持ってきてくれました
メスアシカもカメラの前で上手にポージング?!してくれました

3本目のスワニー、最近とっても好きなポイントです
魚がとにかく多い!!
メアジの群れも出来ました
メキシカンバラクーダのトルネード、メアジの群れ
全ての魚の群れの密度がとっても濃いです

移動中には、ザトウクジラが見れました!!



7月8日

ポイント:ロスイスロテス・ファンミング・エルコラリト

エルコラリトのデカジョー、ただ今口内保育中です
卵はまだ透明がかっていて、アゴが外れんばかりにくわえていました


7月9日

ポイント:エルバホ・ネイキッドレディー・ホェールアイランド

エルバホは根のトップまでは透明度が良く、根から水底までは・・・・冷たい水で黄色く濁ってました
が、さすがエルバホ、魚の群れは多いです
しかし見えない・・・
ハンマーはまた・・・残念です

エルバホからの移動中、今度はジンベイ発見
早く泳いでいたのでボートからのみでした

ネイキッドレディーでは、Yelloetail Jackの群れが出ました
小ぶりサイズでしたが、迫力満点でした



オルカ
orca2




また久しぶりの更新となってしまいました。

写真をご覧の通り・・・長々と説明はいりませんね。

7月3日の朝、モゴテにて

親子のオルカが見れました。

お母さんオルカ、約6m

赤ちゃんnオルカ、約2m



と、これだけでは終わりませんでした


出ちゃったそうです・・・




何が???




水中オルカです!!!



7月4日

ガイド:カルロス

キャプテン:クリー


前日からのマクロ大好きなグループとファンミングを潜っていたところ

アンカーロープのところに、2頭の親子オルカが現れたそうです

きっと昨日の親子だろうと話しています

さすがに水中オルカとあって、お店のみんなもビックリです


先月から今月にかけて目撃された生き物

ジンベイ

シロナガスクジラ

ザトウクジラ

そしてオルカ

上記の生き物が、同じ時期に、ラパスの海に居る

なんて豊かな海なんでしょう


この豊かなラパスの海、大切にしたいです。




ここ数日、また水温が低くなってます

20度を切る水がたまっているポイントもあるのでウエットスーツはまだまだ厚手のものが必要です



Designed by aykm.