FC2ブログ

ダイビングログ

10月28日

今日のログの前に・・・
昨日はマルコスがモゴテで7mのジンベイを見つけたそうです。
最近や~っと戻って来てくれたのか、毎回とは行きませんが、見れるようになりました。
このまま居てくれると良いのですが・・・そのためにもみんなでマナーをしっかり守って行きたいですね!!

さて今日のダイビング

ポイント:エルバホ、エルバホ

ガイド:トモコ

キャプテン:マルコス

水温:29℃

透明度:20→15m


今日もリクエストでエルバホへ
風とうねりで水面はちゃぷちゃぷしてましたが水中は◎でした

1本目、流れはほぼ無し、透明度は20m程
入ってすぐ単体のハンマー、幸先良いです

その後は2~6匹ほどの小さなグループが何度も見れ
次に来た単体は、犬が自分のしっぽを追いかける仕草と同じ様にすぐ近くでクルクル回り始めました
そしてピタッと一瞬止まり、またクルクル・・・・・・・・・
しかも目が合ってるのがわかるんです(汗)
近かったので、この妙な動き、ちょっと怖かったです
最後は安全停止に入ろうと水深を上げていると、10mのところで単体ハンマーが向かってきました

2本目も同じくエルバホで
濁ってきました・・・1本目と同じようなコースで泳ぐと
15匹くらいまでしか見えませんでしたが小さな群れ発見
その後は2~5匹のグループと単体がうようよ
どれもお腹周りが立派です(笑)


個人的に・・何故か行く機会を逃していて・・・最近ロスイスロテスに行ってません(私だけです)
アシカの赤ちゃんどうしてるかなぁ、もっと大きくなってるだろうなぁと懐かしくなりつつあります

最近ますます面白くなってきたラパスの海です
潜りたい所が有り過ぎますね(笑)



スポンサーサイト



10月26日

10月26日のダイビングログです

ポイント:エルバホ、スワニーリーフ

ガイド:トモコ

キャプテン:ダニー

水温:29℃

透明度:20m


リクエストのエルバホへ

店を出発してすぐのコスタバハ沖でバンドウイルカの群れがお出迎えです
ボートの作る波に乗ったり、舳先でスピード合わせて遊んだりと
幸先の良いスタートでみんなのテンションも一気にUPです

北風が少し吹いていますが問題ありません
ポイントに着くと根が水面から見えます

ブリーフィングで「ハンマーを探しに行くと、ハンマーor Nothing(何も無し)になります」と説明
その言葉でさらにテンションUPのみなさん(笑)有難いです。

エントリーすると少し流れています、あまりガンガン泳げそうも無かったので一定の位置をキープ出来るくらいに泳ぎ続けます

居ました~、ハンマ~!!
しかもその内の1匹はお客様のすぐ後ろにまで迫ってきちゃってましたし(汗)
小さな群れでしたが全員確認できました。


2本目はスワニーリーフへ
透明度抜群です!!
リーフの先にスワニーの魚全員集合か?!と思う程の数です
Cortez Grunt,Spottail Grunt,Mojarra Grunt,Panamic Sergeant Majorがび~~~っしり固まって、すっかりリーフが見えなくなっています
その少し沖の砂地に、最近アシカに散らされて群れが分散しがちだったアジ玉が
黒い黒い大きな固まりになって動いています
白いはずの砂地が真っ黒です

そこに、1頭の子供のアシカが降りてきて、
ダイバーの周りをからかうようにちょっかいを出してきます
かと思えば、砂地にベタァっと寝転がり上目遣いのポーズ
カメラの前でもピタッと止まってポーズを取り、サービス旺盛でした

他のアシカは物凄い速さでアジ玉を追いかけ、そのたびにドンッという音と共に魚が一斉にこちらに飛んできます

一箇所から動かずにして、水中ショーが繰り広げられていました

写真や映像があったら・・・この光景をお見せ出来たのですが・・・
私の文章力ではお伝え出来るかどうか


10月22日

ハリケーンは結局大雨をラパスに降らせただけで去って行きました

さて今日のダイビングです

ポイント:ラ・レイナ、ラ・レイニータ

ガイド:トモコ

キャプテン:カルロス

水温:29℃

透明度:15~20m


1本目はリクエストのラ・レイナです

うねりがあるもののカルロスがうまく乗って、カッ飛ばして一番乗り!

私自身久しぶりのラ・レイナなのですが、岩の上に溢れんばかりのアシカ達が寝ています
たぶん全員乗り切らないだろう!!という数に驚きました

アンカーを打つ前からアジ玉が見えます
アンカー沿いに潜行したら、そこにはアジ玉が、な~んて楽チンなのでしょう!!

そしてアジを追いかけるPacific Crevalle Jackの群れも


2本目はあまり行く機会が無いのですがラ・レイニータへ
水面から出ている岩の周りを回ります
砂地にはBluespotted JawfishやCortez Garden Eelも居ます
Gafftopsail Pompanoの群れがキラキラ光りながら降ってきます

何だか何か出るのではないか?!と期待してしいました




最近風が冷たくなってきました
ボートでの行き帰りにウィンドブレーカーがあると重宝します



嵐の前の静けさ

10月17日

凪いでいます

と言えばエルバホです

マルコスガイドでエルバホへ
しっかりハンマーゲットしてきたようで、お客さんも大喜びしていたそうです

最近エルバホに潜るとみんなハンマー見てますね
(あっ、私以外(笑))
見たか見てないかより、何匹見たかという競争になってきました

海況が許す限りエルバホに行きたいですね!!


そして今日(18日)も凪いでます
ロスイスロテスに行ったチームとあとのチームはどこへ行ったのでしょう
(私今日は留守番してます)
どんなダイビングだったか楽しみですね

そしてご存知の方も多いと思いますが
「オリオン座流星群」が好条件で見れる年だそうですね
19日から25日あたりまでが良く見れ、ピークが21日前後

随分前からカレンダーにしるしをつけて楽しみにしていたのですが・・・
どうも雲行きが怪しくなってきました

好条件で見れるお天気であれば、ぜひ皆さんも夜星を見に出かけてみてはいかがでしょう
しかもこの好条件で次見れるのは70年後とWebサイトで見ました
と言う事は!!人生最後のチャンス?!になるかも知れません

私もお天気次第ですが、星を見に行きたいなぁと思ってます






10月14日

トロピカルストームが太平洋側に抜けた影響がまだありかなりうねりがあったのですが
ダイビングへ

ファンミンは思った程コンディションも悪くなく
しかも今回は私自身もガイドのようなファンダイブのようなで潜れたので
普段ゆ~っくり見れない船の外側を見れました

砂地でまっ黄色、しかも子供の小指くらいのジョー発見
すっごく小さいのですが、一生懸命穴の砂を外に吐き出してました

小さすぎて斑点が見えなかっただけで、Blue spotted Jowfish(ロスイスロテスにたくさん居る)の赤ちゃんのようです

最近コルテスエンジェルフィッシュの幼魚も多く、探せば3センチくらいのからもうそろそろ模様が
大人使用に変わりつつある20センチくらいまでのさまざまな大きさのが見つけられます

ちょろちょろ動き回って写真は難しいですが、ぜひ見てみてください
さすがエンジェルフィッシュ、キレイです

2本目はライトハウス(サンラファリト)へ
このポイントは透明度のコンディションが良い時が少ないのですが
実はサンゴがすご~くキレイなポイントなんです

ラパス自体ハードコーラルが少ない(トロピカルな海と比べて)のですが
スワニーとここは自慢出来る活き活きしたサンゴがあります

色は緑、茶色とカラフルではありませんが、
びっしり隙間無くサンゴが生えています

ラパスのサンゴもぜひ見てください!!

10月11日

こんにちは、シルバーウィークが過ぎた後からは、毎年来てくださるアメリカングループで
大賑わいでした。

10月11日
うねりも収まり外洋Dayになったので、みんなでエルバホへ
カルロス・エミチーム、ネルソンチーム、私(トモコ)チームの3隻
ハンマー当たっているので、もちろんみんな今日も見れる!!つもりでエントリー

あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁあぁぁぁああぁぁあああぁぁぁぁぁぁ
やっちゃいました~、私

カルロス・エミチームは50匹程の群れをお客さん全員が確認!!
ネルソンチームは大勢だったので、その内の数名が確認!
私のチームだけカスでした・・・・・

もう穴があったら入りたいとはこの事です
お客さん、申し訳ありませんっ!!!


この日の夜は不定期に無料で開催されるタコパーティーでした
グループのリーダーの誕生日(80歳う!!)パーティーも兼ねて

総勢40名近いダイバーとクルーも全員集合
汗ダクになりながらお客さん、クルーごちゃ混ぜで踊り明かし大盛り上がり
全員の素敵な笑顔が見れたパーティーになりました

10月7日 ラパスの底力

ここ数日風強く、波、うねりがあるラパスです

そんな中、波とうねりで行こうか悩みましたがエルバホへ

途中ではマイルカの大きな群れ!!

ポイント到着、アンカーを打った時点で透明度が良いのがわかります
流れもほとんどありません

根から離れて、ハンマー探し
濁って水温の低い水のなかを探します

いましたぁぁぁぁぁ、ハンマー!!
でも、ちょっと深かったため、全員確認とはいけませんでした

そして、ここからもまだ続きがっ、
安全停止に入ろうと水深を上げているとき

カジキィィィィィィィィィィィィィィ出ましたぁぁぁぁ!!!
私は1匹のみしか見なかったのですが(←いつもながら・・・)、3匹いたそうです
しかも深場から水面に向かって昇ってきたそうです!!

カジキは狙って見れる魚ではないので、と~ってもラッキー!!!

調子を良くして、2本目もエルバホで
エミさんの提案で「今度はあっちに行ってみない?」と、それがズバリ的中!!
10匹くらいのグループと、単体が何度も見れました
今度は全員がハンマー確認!!初ハンマー、おめでとうございます!!!


しかし、1本の中でハンマー&カジキが見れる組み合わせってすごいです。
ラパスの海の底力を見せられました。








































































































































連日ダイビング

またまたサボり気味のこのブログを見に来て下さっている皆様お久しぶりです。

連休中、数あるダイビングショップの中から、コルテスクラブを選んで
潜りに来て下さった皆様、本当にありがとうございました!!

またお会い出来るのを楽しみにしています!!!



ダイビングログとしてまとめてしまいます。

9月24日
この日いきなり北からのうねりが入り、遠くてロスイスロテス止まりになってしまいました。
3本目に潜るポイントをみんなで相談して潜ったのが、
ファンミング近くにある「59」「New Wreck」と呼び方もそれぞれなミリタリーの沈潜へ
ここも同じく沈めた船なのですが、横向きになってます(笑)

ファンミングと同じく中に入れるのですが、沈潜内の魚の反応が面白い!!
何と言うのか・・・ダイバー慣れしていないというか・・・
狭い沈潜内に入ると、沈潜の中に居る魚がみな集まって来て
私達の様子を見に来るんです
しかも近いっ!!何匹もの魚が正面を向いて、しかも半開きの口からは歯が見えるし
こちらが尻込みしてしまいます。そして「な~んだ」と言わんばかりに去っていき、
また次の魚が様子見に
この魚の反応だけでも充分楽しめました!!
と、この長文からも分かるようにすっかり楽しいポイントにランクアップされました!!!


そして25,26日はLa Paz Gold Cupという大きなフィッシングトーナメントが開催されました
朝7時半を合図にマレコンのドックから一斉にボートがスタート
ホセ・クルスが数えたところ初日72隻、2日目90隻を超えたそうです
そんなフィッシングボートが目指すのは、エルバホ、ラ・レイナです

優勝したカジキは450lbs、釣ったポイントは「エルバホ」だったそうです
水中で見たかったものです・・・・・・・


28日はエルバホへ
早朝ダイビングな訳ではないのに、エルバホ一番乗りでした
しかも周りに誰も居ない・・・釣りのボートすら居ない・・・
しかもベタ凪、ときたらハンマーに期待大!!
透明度はスッコ~~~ンと抜けたブルーブルーです、水底まではっきり見えます
しかし水温31℃・・・・冷たい水を探して泳いだものの・・・・
ハンマー・・・・・・・・・・・・・・・すみません。

3本目はロスイスロテスへ
この時間にここに潜るボートは無く、貸切状態でした
しかも透明度抜群、昼間と違って魚の動きもダイバーを気にする事無く、何だかリラックスしているような気がしました
水深3mの浅場をアシカとイワシの群れで癒されました


29日はラ・レイナへ
前日ラ・レイナに多くのボートが集まっていたと聞き、それなら今日は空いてるだろうと
案の定、私達の他1隻のみです
アジ玉独占でした

30日リクエストのロスイスロテスへ
私達だけです・・・みんなドコへ行ったんだ??
透明度はまたまた抜群です
1本目はアーチへ、ブルーブルーのアーチの中はと~ってもキレイでした
2本目は赤ちゃんアシカを堪能しに
お客様は子供のアシカと石でキャッチボールして遊んでいました

が、うねりがかなり入って来たのですぐに移動開始
エルコラリトへ
日本人&イギリス人の交合チームだったのですが、
デカジョーの人気は万国共通になりつつあるようです

そしてあっという間の10月1日
ファンミングでは主のカメと久しぶりのご対面
主はと~ってもダイバーに慣れているので、もし水中で会った時には
ゆ~っくり近づいてビックリさせないで下さいね

コルテスエンジェルフィッシュの幼魚、4cmくらいかな?可愛いです
すでに15cmくらいに大きくなった幼魚もいるので、成長振りが分かります


と長~~~くなってしまいました。
ここまで読んで下さりありがとうございます(笑)



そして、連日世界中からたくさんのダイバーさんに集まって頂き本当にありがとうございました。






Designed by aykm.